【送料無料】Run! Run! Run!

【送料無料】Run! Run! Run!
価格:1,500円(税込、送料別)

【送料無料】一瞬の風になれ(3冊セット)

【送料無料】一瞬の風になれ(3冊セット)
価格:4,515円(税込、送料別)

【送料無料】風が強く吹いている

【送料無料】風が強く吹いている
価格:1,890円(税込、送料別)



2017年11月07日

運動に最適なランニング小説

ランニング小説というのは、あまり耳馴染みがないかもしれませんが、最近では流行りになっているようです。
俗に言う、マラソンや駅伝などを描いた小説のことをランニング小説と呼んでいます。
大型書店に行けば、3大ランニング小説などと称して、販売を促進しているところも多々見受けられます。
今人気のランニング小説には、風が強く吹いている、Run! Run! Run!、一瞬の風になれ、などが好評で、よくこの3点が書店に並んでいます。
同時に沢山、ランニングを題材にしたランニング小説の作品が出ているのは、その人気を裏付けています。
そして、この3つのランニング小説、実は作者はいずれも女性で、しかも3人とも運動オンチというから笑えます。
病気で入院している人などは、難解な本を読むと疲れるので、ランニング小説なら、気軽でいいかもしれません。
とにかく、ランニングに関わる作品を読んでみたいなら、これらのランニング小説の一読をおすすめします。

ランニング小説として今、一番人気なのが、三浦しをんの風が強く吹いているで、これは、箱根駅伝をテーマにしたものです。
オンボロアパートに住む10人の大学生が、箱根駅伝に挑むというストーリーのランニング小説です。
ちょっとありえないようなファンタジーなランニング小説ですが、じっくり読むと、走ることに対する作者の真摯な姿勢を感じ取ることがでます。
タイトルがなかなか曲者なので、ランニング小説としては、面白く読めます。
Run! Run! Run!も、ランニング小説として人気で、風が強く吹いているが、痛快な青春の箱根駅伝小説であるのに対し、これは同じ箱根駅伝小説でも、全く異なる重い作品です。
そして、ランニング小説の中では、一瞬の風になれも高く評価されていて、この小説は、全3巻から構成されていて、バリバリの青春小説となっています。
堂場瞬一策のチームも、人気のランニング小説で、この小説は、箱根駅伝をテーマに、学校では出場できなかった各競走部のエースたちが繰り広げるドラマとなっています。
寄せ集めのチームが、大波乱を起こすことができるかを問うランニング小説で、テーマが明確でわかりやすくなっています。

ランニング小説で昔から定評があるのが、アラン・シリトー作の長距離走者の孤独です。
このランニング小説は、もはや古典と言ってもよく、自分と向き合うことを余儀なくされる長距離走者の孤独を描いています。
ランニング小説の中に登場する孤独には、色々な意味が込められていて、日本の長距離走者たちと重ね合わせると、感慨深いものがあります。
学生の部活動では今、陸上部はあまり人気がないので、そうした意味では、ランニング小説の果たす役割は、意義があるのかもしれません。
走ることは楽しいことをランニング小説は教えてくれ、さわやかさを凝縮させた主人公が読む若者に雄弁に語りかけます。
ランニング小説のストーリーはたわいないものが多いのですが、若者のランナー人口を増やすのには一役買っているかもしれません。
posted by トリトン at 15:44| Comment(0) | 運動に最適なランニング小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。